引越し業者 安い 神奈川

引越し業者で安い神奈川のおすすめ会社はどこ?

神奈川 引越し業者

神奈川 安い 引っ越し 業者

神奈川 引越し 見積もり

神奈川 引越し 相場 安い

神奈川 引越し 安い

 

神奈川の引越し業者を検索すると、100件以上ヒットします。

 

引越しの費用を安くするコツは、複数の業者から見積もりを取ることです。
できるだけ多くの業者から見積もりが取れればいいのですが、なかなか難しいです。

 

引越し費用は会社によってかなりの差があります。

神奈川 引越し業者

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいなら、引越し業者一括見積もり(無料)がオススメです。

 

運びたい荷物の量や家財、エレベーターの有無などを順番に入力していけば、最大10社からまとめて見積もりを取ることができます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

大手から地元の引越し会社まで200社以上が参加しており、あなたのお住いの地域に対応できる業者を選んでくれます。
何度も連絡する必要がなく、引越し業者が比較できるのでオススメです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越し業者の費用と繁忙期

 

引越し業者 繁忙期

 

宅配業者で運ぶ荷物の料金はどの時期でも同じ金額です。
郵便局のゆうパックでももちろんそうです。
同じ荷物を同じ距離を運んでもらう場合に、値段が変わるなんてことはありません。

 

しかし引越し業者においては事情が全く違います。
引越し業者は同じ量の荷物を同じ距離運んだとしても、運ぶ時期によって値段が大きく変わるのです。

 

なぜなら引越し業者には繁忙期があるからです。
繁忙期は1年で最も引越し業者が忙しい時期で、この時期は日本全国どこの引越し業者もネコの手も借りたいほどの忙しさです。

 

繁忙期は3月前後のことです。

 

なぜこの時期が繁忙期になるのかというと、4月からの新学期の準備のために新大学生や新社会人が新しい環境に飛び込むからです。
また春の人事異動で転勤が決まったサラリーマンとその家族の引越しもあります。

 

ここに普通の引越しも加わって、それはもう下手をすると予約も取れない忙しさです。
繁忙期にはスタッフを増員したり、残業が増えるため、どうしても引越し費用は高めになってしまうのです。

 

 

引越し作業の手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多くて辟易します。
作業の途中で心が折れそうになりますが、先に手順を知っておくと引越しまでに無駄な動きが少なくて済みます。
ぜひ一度、手順をご確認ください。

 

引越しの際は引越し業者への見積もりが必要ですね。
しかし新居の情報がないと正確な見積もりが計算できませんので、業者への見積もりは新居が決まってすぐがオススメです。

 

そして荷造りは早めに始めてください。
不要品は引越しの前に処分して出来るだけ荷物を減らした方が引越し費用が安くて済みます。
今ならフリマアプリなどに自分で出品できますが、売れるまでには多少なりとも時間がかかりますから早めに動きましょう。

 

市外への引越しは、引越しの2週間前から転出届を出すことができます。
うっかり忘れて転出届を出さずに引越しすると、後から提出しに戻るか、書類を送ってもらうなどの手間がかかります。
他にも役所関係の国民健康保険や年金、児童手当の手続きもしておきましょう。

 

・電気、ガス、水道などは連絡すれば引越し日までの料金を日割りで精算してくれます。
方法は会社によって異なりますので、電話かメールで確認してください。
市内引越しの場合は同じ会社のことが多いので、引越し日からは新居で使えるように連絡しましょう。

 

・さて郵便物も引越しさせなければなりません。
最寄りの郵便局に行って「転居届」を提出すれば1年間は新居に郵便物を転送してくれます。
その時に提出するものに、転居届とともに身分証明書や前の住所が記載されたハガキなどが必要です。

 

・引越し当日は家財や荷物の運搬は引越し業者にお任せください。
しかし引越し業者が運べない荷物がありますので、それらはご注意ください。
現金・貴金属・通帳・印鑑・高級品や、パソコンのデータ・遺影など財産やとても大切なものは自分で管理しましょう。

 

・市外引越しなら「転入届」、市内引越しなら「転居届」を新居に最寄りの役所に提出しましょう。
引越し後2週間以内に行ってくださいね。
これを忘れると役所からの大事なお知らせが届きませんので、お忘れなく。

 

・最後に運転免許証やパスポートなどの身分証、各種保険や銀行、クレジットカードなどの住所変更をしてください。

 

いろいろすることはありますが、時期がずれていますので少しずつなんですよ。

 

 

引越しのオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と交通費とオプション費との合計金額となります。
スタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費というのはわかりますが、ではオプション費って何でしょう?

 

引越し業者が行っている有料オプションは以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように全員には必要ないけれど、必要な人だけ選んでカスタマイズすることができるサービスが、オプションです。

 

例えばエアコンは室外機と配管で繋がれていますから、電気屋さんでないと取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
旧居で1回、新居で1回の計2回も電気屋さんにわざわざ来てもらう必要があるので、その以来が面倒なんです。

 

その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ほかにもピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。
オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、扱いのある引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

このように自分の引越しをカスタマイズして、負担を減らしてみてはいかがでしょうか?

 

 

引越しと近所への挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたらまずご近所の方にあいさつしに行きましょう。

 

どこの家まで挨拶に行けばいいのでしょうか。

 

マンションやアパートであれば左右と上下の部屋の方に、一軒家であれば向こう3軒両隣のお宅まで行くのが一般的です。
あとマンションの管理人さん、大家さんも近くにお住まいであれば挨拶に行きましょう。
一軒家の場合はゴミ当番や町内会のこともありますので、自治会長さんなどにも挨拶しておくと良いですね。

 

挨拶に行くタイミングは、できるだけ早く行きましょう。
一般的には引越し当日、遅くても翌日までに行きましょう。

 

なぜなら引越しの時は長時間、道路や駐車場に引越しのトラックが止まって作業をしていたり、スタッフの足音が響きますから、先に挨拶に行くことで印象を良くしておいたほうが良いのです。

 

手ぶらよりは、何か手土産を用意しておくと気持ち的にも行きやすいですね。
のしに「御挨拶 名前」を書いて渡すと名前も覚えてもらいやすいと思います。

 

粗品は高価なものでなく、500〜1000円程度の金額のもので大丈夫です。
人気があるのは洗剤やタオルなどの消耗品、お菓子やコーヒー、紅茶などの食品です。

 

第一印象は大事にしたいですね。

 

 

引越し相場は調べてもわからない

 

引越しの相場を調べようとインターネットで検索しても、
残念ながら、あなたが欲しい的確なデータはまず出てきません。

 

それは引越しというのは十人十色、
あなたの引越しに似たケースを探すというのは簡単ではないからです。

 

的確な相場を知るためには
複数の引越し業者から見積もりと取るのが最短コースです。

 

「面倒くさい!」とあきらめないでくださいね。
今は引越し業者一括見積もりサイトがありますので、これを活用しましょう。

 

=>引越し費用がお得になる見積もりはこちら

 

 

家具家電の配置を決める

 

引越し作業をスムーズにするために下見は欠かせません。今持っている家財が部屋に入らなかったら、廃棄処分になってしまうかもしれません。
メジャーとメモ、筆記用具、それにカメラを用意して下見に行きましょう。

 

新居の間取りが6畳と記載されていても、実際は畳に京間、中京間、江戸間、団地間などの大きさの種類があるので部屋によって広さが異なります。
部屋のドアの大きさ、廊下の長さ、階段の幅などいろいろな場所のデータを取っておきましょう。窓の大きさはカーテンを買うときに役立ちます。カーテンは引越し初日から欲しいアイテムなので、下見の時に必ず測っておきましょう。

 

 

既存の家具が大きすぎてドアから搬入できないことがあります。その場合は窓からの搬入になりますので、引越し業者に相談しましょう。
収納スペースも確認して、どこに何を入れるか決めておくと引越し当日、作業がスムーズです。
テレビと電話のソケットの場所は決まっていますので、これらの配置は変えられません。コンセントのある場所を確認して、どの家電をどこに置くかも決めておきましょう。

 

そして新居に入る前に必ずやっておかなければならないことが、傷の確認です。入居前からある傷を確認して写真に撮って置くと退去時に役に立ちます。サッシの大きな傷や床のへこみなどを管理会社に申告しておかなければ、退去時に敷金が戻ってこないというトラブルになります。かならず、家具の搬入前に行っておきましょう。