引越し 粗大ごみ 処分

引越しでの粗大ごみの処分

引越し 粗大ゴミ

 

粗大ごみの定義は、一辺が50cm以上、もしくは重さが10kg以上あるものです。
また石油ファンヒーター・石油ストーブ、ガスコンロ、電子レンジは大きさや重さに関係なく粗大ごみです。

 

これらの粗大ごみはどうやって廃棄するのでしょう?
粗大ごみを廃棄する方法はA:回収に来てもらう(有料)、B:自分で持って行く(無料)という2つの方法があります。

 

Aの方法は、まず粗大ごみ処理施設に電話をして、回収してもらえる日を予約します。
次にコンビニやスーパーで販売している粗大ごみシールを買います。値段は粗大ごみの種類によって違います。

 

このシールを粗大ごみに貼って、指定の時間に指定場所に置いておけば、回収業者が取りに来てくれます。
粗大ごみシールは回収手数料になりますから、粗大ごみ1個につき1枚必要です。

 

Bの自分で持って行く場合でも、まずは粗大ごみ処理施設電話で予約します。
そのときに捨てたい物の名前を聞かれますので、言い忘れのないように先にメモを作っておきましょう。

 

あとは指定された時間に処理施設に持って行くだけです。
身分証を確認後で車ごと計量、粗大ごみを廃棄したのちに再び車の計量をして、廃棄された粗大ごみの量を計算します。

 

このときに100kgを超える場合は手数料がかかることがあります。
自分で持ち込む場合は粗大ごみシールは必要ありません。

 

ここでいくつかちゅういしなければならない家電があります。

 

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクルが必要です

 

リサイクルにはリサイクル料がかかります。
もし家電を買ったお店が近くない場合やすでに廃業している場合は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。